沖縄で宿泊業を営む方を、税理士の視点からサポートします!

こんなお悩み、お持ちではありませんか?

  • 相談できる相手がいない
  • 利益率が上がらない
  • 消耗品やリネンのコストを下げたい
  • スタッフの手配や採用で悩んでいる
  • 新築・改装したいが費用はどうしたら良いのだろう

沖縄で宿泊業を営む方を、税理士の視点からサポートします!

ホテル業界サポートとは?

国内の宿泊産業の市場規模は2.73兆円(※2観光庁データより。平成24年の数値)ですが、その中で旅館は直近10年で32%減、ホテルは3%減(※3レジャー白書2013より)と徐々に縮小しています。
一方、ここ数年の外国人宿泊者数は平成26年の対前年同期比:33.8%増(※4観光庁、宿泊旅行統計調査より)となっています。地域経済における旅館やホテルは、雇用を創出し、売り上げの約半分を地域経済にもたらすといわれており、地域活性化のために、宿泊産業の活性化は極めて重要です。
当事務所では、宿泊産業を営む方を、税理士ならではの視点からサポートをし、経営の改善へと導きます。

サポート内容

  • ユニフォームシステムアカウンティングの導入支援

    ユニフォームシステムアカウンティングの導入支援

    部門別管理会計」です。各々の部門ごとの損益を明確化することで、打つべき施策が分かるようになります。また、海外を含む投資家にとって必須のレポートとなります。

     

  • 財務改善コンサルティング

    財務改善コンサルティング

    財務状況を分析したうえで、その実情に応じて、予算作成、既存借入金の借換え、借入金のリスケジュール、新規資金調達、債務の圧縮、スポンサーによる資金支援などの財務改善スキームを立案し、実行をサポートいたします。

     

  • 会計・税務、ファイナンス法務・労務アドバイス

    会計・税務、ファイナンス法務・労務アドバイス

    業務フローを分析、改善提案をするだけでなく業務の一部または大部分をアウトソーシーとして受託することが可能です。売掛金管理、支払業務、現金出納帳の作成など経理の基幹業務を代行することで、より正確な業務管理を行うことができます。

     

成功するホテルになるためには?

成功するホテルとそうでないホテルの間で顕著な違いが、ホスピタリティがあるかないか、融通が利くか利かないか、この2点です。成功するホテルには間違いなく、高いホスピタリティがあり、お客様のご要望に対して融通が利きます。
そして、このような成功するホテルには、ある共通点があります。それは、経理関係を全て税理士に委託している、ということです。税金の処理や計算など、面倒な事務処理を専門家である税理士に委託し、それ以外の経営相談もできるようになることで、ホテルはホスピタリティの向上やお客様対応に専念することが出来ます。
成功するホテルになるためには、税理士との提携が必須といえます。

阪本和司税理士事務所の特徴

阪本和司税理士事務所は長年培ってきたホテル業界に関してのノウハウがあり、現在までに20 件以上の業務改善に関わってきました。外国人観光客が増えつつある昨今、ホテル業界はこれから盛り上がってくる業界です。
この機会をどのように上手く活かしていくか、また今の経営状態をどう改善していくか、税務・会計はもちろんのこと業界の知識や情報を基に経営者の皆さまを業績アップに向けて全力でサポートいたします。
一緒にホテル業界を盛り上げていきましょう。